スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死んじゃ嫌だ

2012/09/07 14:39 ジャンル: Category:ぼっちゃんのこと
TB(0) | CM(0) Edit

このところ、ぼっちゃんも毎日運動会の練習があり、疲れが溜まっているようです。


保育園の帰りの車の中で、爆睡してしまったぼっちゃん。


家に着いても起きないし、抱っこで玄関まで運んでみたけど、起きない。


仕方ないから、玄関に転がしたまま、靴脱がして、制服脱がしてみたけど、起きない。。



リビングに運んで、寝かせていたら、スヤスヤぐっすり2時間半。。。



起きたのが、夜の7時半。。。。



ようやくスッキリ目が覚めたのか、「おはよう」と爽やかに目覚めたぼっちゃんは、そこからお風呂に入り、ご飯を食べ、9時にはまたベッドへ。



だけど、夕方寝すぎたようで、しばらく眠れず、バッドに横になって、お母ちゃんと話していました。



突然ぼっちゃんが「死」について話を振ってきたので、


「お父ちゃんとお母ちゃんの方がぼっちゃんより早く生まれたから先に天国に行くよ。」


と答えました。


この話しは、以前も何度もしていたし、ぼっちゃんもその時は「ふーん。。そうなん。」と聞いていたし、


質問も「でも、ばぁば達が先に死ぬんよね?!」ぐらいだったので、ぼっちゃんもあまり深く考えていなかったようでした。


が、この日は違いました。


ぼっちゃんも4歳7ヶ月になっており、少し死についての理解が深まったようです。



静かになったから、寝たのかな。。と布団をかけようと見ると、ぼっちゃんがうつ伏せになって、シクシク泣いているのです。


ビックリして、
「どーしたの?!どこか痛いの?!」と聞いてみましたが、


首を振るぼっちゃん。


「じゃあなんで泣いてるの?」と理由を聞いたら、意外な答えが。



「お母ちゃん、死んだら嫌だ。たいちゃん、一人ぼっちは嫌だ・・・



と、泣いているのです。



衝撃でした。


そこまで、深く考えられるように成長したのかー、と。



ちょうどタイムリーな話が職場であって、同僚の先生の小学2年生の息子さんが、死について同じように考え、死にたくない、最後に死ぬんならどうして生まれてきたの?という質問があって、返答に困る、と悩んでいて、



「へぇ~、小学生にもなるとそんなこと考えるのかぁ。うちのぼっちゃんなんか、まだまだそんなことなーんも考えてませんよ~」と笑っていたのに、



うちのぼっちゃんも考えてたーーーーっ。。と驚きました。



それにしても、お母ちゃん死なないで。と泣いてくれるとは、可愛いやつめ
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。