スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1TH ANNIVERSARY

2012/07/24 11:01 ジャンル: Category:日常のこと
TB(0) | CM(0) Edit

7月22日で、今のお家に引越しして、丸1年になります。


去年の今頃は、引越し準備しつつ、ライブも行きたい、そして、海にも行かないと~と色々予定が詰まっててバタバタしてたなぁ。。と思い出されます。


まだこの家で1年しか過ごしてないのかぁ。。


もうすっかり慣れてしまったので、もっと長い年月が経ってる気分です。



ぼっちゃんもすっかり慣れて、自分のお部屋で一人で遊んだり、お庭で遊んだり、一軒家を満喫しております



この日は、晩御飯はカレーライス



ぼっちゃんに手伝ってもらいました。と言うか、私が指示を出して、ぼっちゃんが作りました。



1歳から卵を割ったり、混ぜたりすることから始め、4歳の今では危なっかしいながらも、


野菜を切ったり、炒めたりも出来るようになり、


順調にお母ちゃんの計画通りに「料理男子」への道を歩んでくれています。


ぼっちゃんも今のところ喜んで料理してくれているし。。。



でも、夏の台所は火をつけるととてつもなく暑い



この暑さにぼっちゃんも途中、心が折れそうになったらしく、



「お母ちゃん変わって~」と言ってきたので、



「お母ちゃん、暑くても毎日料理してるんだから頑張って~」と励ましつつ冷たい麦茶を入れてやった。



ぼっちゃんは麦茶を飲みつつ、野菜を炒め、



「お母ちゃんは暑くても毎日お料理せんといけんの??」と聞いてきた。



「そうよ~。だって、お母ちゃんがご飯作らんかったら、たいちゃんとお父ちゃんお腹空くでしょ?!」



と言うと、



「そっか~。じゃあ、今日は暑くてもたいちゃんがお手伝いして、頑張って作るね~」



なんて優しい言葉を言ってくれるんだと感動してしまいました。



さすがに一つの料理をこんなに最初から最後までお任せしたのは初めてだったので、


手を切らないか、火傷しないか、途中ハラハラドキドキ



でも、あまりうるさく言ってやる気をなくされても困るので、声掛けは必要最低限に。



作り終わって、私が「お手伝いしてくれてありがとう


めいいっぱいお礼を言うと、「どういたしまして。また今度たいちゃんが作ってあげるね!!」


と次への意欲も満々でした。



自分で作ったカレーはすごく美味しく感じたようで、お父ちゃんにも



「これ、たいちゃんが炒めた肉よ!!」とか「なすが柔らかくなってておいしー」とか言って食べてました。



スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。